白髪はこう染める!

白髪を目立たなくするには何色に染めると良い?

少し前に白髪を染めたのに根元がいつの間にか白くなって、もう染めなきゃいけないとうんざりする事はありませんか。面倒なカラーリングはできるだけ減らしたいものですね。白髪を目立たなくするにはどんな色を選んだらよいのでしょうか。

そもそも白髪が目立つのは、元の髪の色と差があるからです。同じ白髪でも人によって目立つ人とそうでない人がいます。元の髪の色が黒っぽい人は茶色っぽい人より白髪が目立ちやすくなります。また同じ太さの髪でも白い方が太くはっきり見えます。白は膨張色だからです。それで白髪を目立たなくするには、地毛を明るくすると良いでしょう。明度が高いほど白髪の明度に近付くので、白髪も茶色っぽく見えます。

白髪を染めるのにブラウン系を選ぶ人が多いのですが、日本人の肌は黄色味を帯びているので、ブラウン系だと肌の色が浮くので、不自然に見えることがあります。またメラニン色素は赤系の色味が強いので、髪が黒くて太い人ほど染めた色が落ちてくると髪が赤くなるという傾向があります。白髪を目立たなくするには、明るめのアッシュ系やグリーン系をおすすめします。アッシュ系はグレーっぽい色味で、中でもアッシュブラウンを選ぶとしっくりなじみ自然に見えます。アッシュグリーンも赤みを抑えてくれるので不自然になりません。これは肌の赤みを消すのにグリーン系のコントロールカラーを使うのと同じ原理です。

カラーにハイライトもしくはローライトを加えるとさらに効果的です。白髪の多い箇所に他の部分より明るく染めた毛束を作りハイライトを入れると、髪に動きが出ておしゃれな印象になります。逆に暗い色の毛束を作りローライトを入れると、落ち着いた印象になります。ただし顔まわりはハイライトの方が自然に見えます。時には美容院でプロの手を借りながら、白髪が目立ちにくい色や髪型を選びましょう。そのようにして白髪染めの回数を減らせば、髪と頭皮の健康を守ることができます。

白髪を染めるのは面倒という方、いつものシャンプーを変えてみませんか。

白髪染めシャンプーは、日々の洗髪で少しずつ染めていくことが可能です。周りに気付かれることなく自然に色を付けることができるので、今まで白髪染めをしたことのない方や男性の方に人気です。白髪染めのお悩みで多いのが、とにかく面倒、いかにも染めました感がイヤというものです。自然な仕上がりにしたい、もっと簡単に染められたら良いのにという声もよく聞かれます。その点でシャンプータイプの白髪染めは毎日のバスタイムに使用でき、洗うたびに徐々に染まるので注目されています。

日本での売り上げ第1位の商品は「利尻カラーシャンプー」です。天然由来成分が27種含まれており、中でも北海道産利尻昆布のぬめりは傷んだ髪を補修する力が群を抜いています。ダメージ補修しながら、しっかり髪を保護してくれる成分がたくさん配合されています。ジアミンフリーなのでアレルギー体質の方も安心して使うことができるでしょう。トリートメントタイプと併用すると髪色をキープできるのでおすすめです。

とにかく楽に白髪ケアをしたいという方には1回で染まる驚きの白髪染めシャンプーがあります。「グローリン・ワンショット」という商品で、ただ洗うだけで色が付き、トリートメントのように放置時間もありません。価格は5,880円とすこしお高めですが、1回で染まることを考えるとお得です。定期購入では3,780円になります。

男性にも人気な商品が「黒耀」です。シャンプーのたびに少しずつ染まっていき、時間をかけて黒髪へと導くため愛用者も増えています。白髪が気になる方へのプレゼントとしてもおすすめのロングセラー商品です。色はブラックしかないので女性にはあまり人気がありませんが、男性には昔から愛用されています。

白髪染めシャンプーは一番手軽な方法です。わざわざ染める時間を取らなくても毎日のシャンプーを変えるだけなので、忙しい人はもちろん、キレイをキープしたい人や夫婦で若々しくいたいという人にもおすすめです。

2017年現在

白髪を染めるのが初めての方へ

初めての白髪染めは分からないことがたくさんあります。まず自宅で染めるか美容室で染めるか悩むかもしれません。それぞれ一長一短があるので、それを踏まえたうえで決めると良いでしょう。

自宅で染めるメリットは、何といっても費用が安く、気軽にできることです。デメリットは髪が傷むことと色ムラになりやすいことです。美容室で染める利点は、仕上がりが美しく、ダメージケアもしてくれることで、難点は費用と時間がかかることです。白髪は頻繁に染めることになるので、半数以上は自宅で染める派と言われています。最近の白髪染め商品は品質が向上していて、頭皮や髪に優しいものも増えています。慣れないうちは本格的な白髪染めよりも、カラートリートメントがおすすめです。無添加が主流なので安心して使えますし、染まり具合も自然です。

自宅で染める場合、きれいに仕上げるための4つのコツをご紹介しましょう。1つ目は髪を染める前にキレイな状態にすることです。ぱっと見はきれいでも、髪は意外と汚れているものです。スタイリング剤もしっかり落としましょう。2つ目はケチらないでたっぷり使うことです。白髪染めは何度も行うので節約したくなりますが、使う量が少ないとうまく染められません。説明書に書いてある量を守りましょう。3つ目は塗る順番を考えることです。フェイスラインやこめかみの白髪は目立つ上に染まりにくい場所ですから、最初にここから始めましょう。その後、髪の分け目、根本、襟足、頭頂部、後頭部、毛先の順番で染めていきます。4つ目はひと手間を惜しまないことです。白髪染めは温度が高いほど色が浸透しやすいので、ラップや蒸しタオルを巻くと仕上がりがよりキレイになります。白髪染めが初めてという方や不器用な方におすすめなのは、シャンプー感覚で染められる泡タイプの白髪染めです。このタイプはブロッキングせずに染められますし、ブラシを使わず手袋をした手で直接塗ることが可能です。白髪の量が多いと思ったより仕上がりが明るくなることがあるので、初心者の方は暗めの色を選ぶようにすると良いかもしれません。

白髪染めも大事ですが、やっぱり白髪は生えないのが一番!
こちらのブログ(誰にも言えない白髪の秘密とうるさい私)で、詳しく解説されてます。
参考にどうぞ。